• Kazuka Fujita

おやつにナッツ、一番合うドリンクは?



最近は健康のために、小腹がすいた時のおやつに、アーモンドなどのナッツを食べる方が増えたようです。

コンビニでも、おつまみ用ではなく、おやつ用の小袋のナッツが、グミやチョコレートと一緒に、並べられています。


ロカボ、ギルトフリーとしても人気のナッツ。

ウイスキーなどのお酒にナッツがよく合うのは知られていますが、おやつや間食に食べるとしたら、どんな飲み物が合うのでしょうか。


今回は、ナッツの中でも人気の、アーモンドとのドリンクペアリング(フードペアリング)を、ご紹介します。



アーモンドの栄養効果

おやつのナッツによく含まれているのが、

アーモンド、ピーナッツ、クルミ。


最近はアーモンドミルクも注目されていますが、アーモンドに含まれる脂は美容や健康に良い脂。

美肌効果やアンチエイジング効果もあります。


健康目的や素のアーモンドを楽しみたかったら、「素焼き、無塩」がおすすめ。

少し味気ないと思うかもしれませんが、ナッツ本来の香ばしさや甘みが楽しめて、ドリンクとも合います。


また、無塩を選ぶことで、食べ過ぎを防ぐ効果もあるとか。

…とはいえ私は、ついつい美味しくて食べすぎちゃいますが。



次々と現れる魅惑のフレーバーアーモンド

しかし!

最近はついつい試してみたくなるフレーバーのアーモンドが増えましたね。


キャラメルコーティングされたものをはじめ、手軽なサイズで嬉しい無印良品には、燻製アーモンドに、七味唐辛子味、わさび醤油味、ガラムマサラ味まであり、端から全部試したくなるラインナップ。


余談ですが、カシューナッツに至っては、スモークベーコン味なんてものもありました。

(2019年4月現在)


まさに食べ比べしたくなる魅力…

ついつい食べすぎてしまいそうです。



コーヒーはナッツによく合う

ナッツによく合う飲み物の代表格は、コーヒーです。


ナッツ系の香りを持つコーヒーも多くあり、相性はぴったり。


コーヒーを深く知るために、まずはコーヒーの香りから「ナッツを感じるか」「フルーツを感じるか」に分類し、自分の味覚や好みを磨いていくといい、ともいわれています。


数あるコーヒーの中でも、ナッツ系フレーバーのコーヒーとして代表的な産地は「ブラジル」。さらに深煎りコーヒーはナッツの香りや旨味が増しておすすめ。


スターバックスやタリーズなどの大手コーヒーチェーンでも、小袋のナッツやアーモンドがたっぷり乗ったプラリネなどが、並んでいますよね。


定番のキャラメルフラペチーノは、ヘーゼルナッツのシロップがベースになっていますし、ナッツがトッピングされたコーヒーのメニューもたくさんあります。


知らない間に、私達は、コーヒーとナッツのフードペアリング(ドリンクペアリング)を体感しているんですね。



コーヒーとアーモンドのダイエット効果

コーヒーとアーモンドの組み合わせには、脂肪燃焼効果を高める働きがあります。

コーヒーに含まれているカフェインには、もともと脂肪燃焼効果がありますが、アーモンドに含まれてるアルギニンを同時にいただくと、効果がさらに高まります。


コーヒーとナッツは、そういう意味でも最高のペアリングかもしれません。







ドリンクコンサルタント 藤田一香

© &B アンドビー. 

  • ホワイトTwitterのアイコン